不毛なツボに恋してる。

興味があることをいろいろ増やしていきたいシカのブログです。

《DCファン歓喜》DCファンドームで公開されたDCEU映画・ドラマの予告まとめ

f:id:shikamarusan:20211018075156j:imageども、シカまるです。

 

昨年から開催されるようになった、DCファン待望の宴 “DCファンドーム”が9月17日に開催されました。

いちDCファンの私も楽しみにしておりました。

ということで、今年のDCファンドームでお披露目になったDCEUの映画・ドラマの予告から気になった点や考察したい点を挙げていこうと思います。

というか、興奮冷めやらぬので感想です笑笑

 

 

 

ブラックアダム (原題:Black Adam)

www.youtube.com

ず〜〜っと話だけ聞いていて、ホントにやるの?、と半信半疑になっていた企画。

今はDCEU作品の中でも割と上位で楽しみにしてる作品です!

主役のブラックアダムはコミックでは、ダークヒーローの側面も持つヴィランサイドのキャラです。主にシャザム!の宿敵として描かれ、実は映画『シャザム!』の原案となった『シャザム! : 魔法の守護者』でもメインヴィランを担っていました。

 

そんなブラックアダムを演じるのは、我らがザ・ロック様ことドウェイン・ジョンソン。筋肉マッチョのタフガイです。古代から生きているキャラなのでてっきり紀元前の話かと思いきや予告を見た感じ、現代が舞台になりそうですね。

 

なんといっても驚いたのは、JSA(ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ)の登場です。JSAは、DCを代表するヒーローチームの一つで、映画化もしたジャスティス・リーグより創立が古いチームです。

そのヒーローチームから4名のヒーローの登場が確定しました。ホークマン(名前の通り鳥男)、サイクロン(風を操るヒロイン)、アトムスマッシャー(巨大化するマッチョ)、そしてDr.フェイト(DCのDr.ストレンジ)の4名です。コミックでも知名度とパワー共にある4名なのでどのような活躍、ブラックアダムと敵なのか味方なのかなどなど気になるところがいっぱいです。予告な感じだと敵対する役柄…かな?

 

ザ・バットマン (原題:the Batman)

www.youtube.com

昨年のDCファンドームで予告編第一弾が公開されたザ・バットマン

今回の注目ポイントは、ポール・ダノ演じるリドラーのマスクオフ姿がお披露目されたこと。

 

後ろ姿のみですが、コミックのリドラーとは違った、リアルな愉快犯的に見えました。そういう点はコミックの生粋のサイコパスヴィラン ジム・ゴードンJr.を彷彿とさせるように感じます。マスク姿はほぼゾディアックで驚きました笑

これはリアルなクライムものが見れそうで楽しみです。

 

そしてキャット・ウーマンことセリーナ・カイルも登場。コミックのイヤーワンのセリーナと同じベリーショートなヘアスタイルとボブの姿が見れました。カツラかな?それとも過去現在とか?これは本編観てのお楽しみですね。

 

初お披露目のアンディ・サーキスルフレッドや、前回の予告に引き続き、ペンギンや新バットモービル。そして精神的に凄く心配な人相をしているバットマンことブルース・ウェインの姿が大々的にみることができて楽しかったですねぇ。

 

今回気になったのは、予告編1分15秒あたりのシーン。おそらくブルースが、リドラーが書いた謎のメッセージの上に立っているシーン。(もしかしたらリドラー自身かも)

真ん中にリドラーのシンボルである?(ハテナマーク)があり、その五方向に何やら文字が…。

右上から見てみると…

  • THE SINS OF MY FATHER?? (父の罪か?)
  • SAVAGE (野蛮)
  • RENEWAL IS A LIE (復興は嘘だ)
  • MITCHELL (ミッチェル)
  • NO MORE LIES  COLSON (もう嘘はなしだ コルソン)

 

前回の予告もそうですが、リドラーは何者か、もしくは社会がついた嘘について意思を表明しているように思えます。“ミッチェル”“コルソン”といった人名らしき言葉も見受けられます。

また、一つ目の“父の罪?”は、ストーリーの重要なキーになりそうな感じがありますね。リドラーの父親ってコミックではそんなに登場した記憶がないので映画オリジナルの設定があるのかも…。

もしくは、ブルースの父親のトーマス・ウェインか…。ワクワクします!!

 

リドラーがメインヴィランバットマンを追い詰める最近のコミックというと、バットマン : ゼロイヤー』があるので予習がてら読むのも良いかも。

 

ザ・フラッシュ (原題:the Flash)

www.youtube.com

イチオシ期待作です!

ジャスティス・リーグの予告を見た時から大好きになったエズラ・ミラー演じるフラッシュの単独作品。

しかも今作凄いキャラたちの登場が決まってるという。スーパーマンの従姉妹(?)のスーパーガール、『ジャスティス・リーグ』で共演したベン・アフレック演じるバットマン、1989年版バットマンマイケル・キートン演じるバットマン。予告では、スーパーガールだけが確認できました。

 

そして何よりこの予告で驚いたのはフラッシュことバリー・アレンが2人いること!?

考察するに、以前SNSで公開されたフラッシュ2種類のロゴのうちキートンバットマンのコスチュームの上にフラッシュのマークを書いているものを予告のひとりのフラッシュが着ていたことから、一方のバリーはキートン版次元のフラッシュなのでは!?と思います。今回はフラッシュが多次元間を移動できるキャラということで、マルチバースが展開されるストーリーなので何が起こるかわからない玉手箱のような映画です。

 

 

シャザム : フューリー・オブ・ザ・ゴッズ (原題:Shazam : Fury of the  Gods)

www.youtube.com

DCEU初のコメディ全開の作風でヒーロー映画としても傑作だった『シャザム!』の続編。

少し大人になった子供たちと、そのヒーローとしての姿のシャザム!ファミリーの新コスチューム、そしてヴィランにあたるヘスペラ(Hespera)カリプソ(Calypso)の姿も公開。コミック調べましたが両者全く分かりませんでした。

もしかしたらオリジナルキャラ?

後々、前述のブラックアダムとの対決が控えているとのことなので、そこの匂わせも今作で散りばめられていたら興奮します!

 

また、今作は神々の絡むストーリーになりそうなので、あわよくばワンダーウーマンとの絡みとかあったら嬉しいなぁなんて思いましたが、DCEUは今後クロスオーバーは積極的にしないと言っていたのであまり期待しません笑

 

とにかく前作同様笑えるファンタジックなヒーロー活劇が観れればそれで良いのです!

シャザム Blu-ray & DVD (2枚組)

シャザム Blu-ray & DVD (2枚組)

  • ザッカリー・リーヴァイ
Amazon

 

 

アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム (原題:Aquaman And the Lost Kingdom)

www.youtube.com

アメコミ版『CRスーパー海物語』ことアクアマンの続編。

豪快さと繊細さを持ち合わせたジェイソン・モモア演じるアーサーのヒーロー像が凄く大好きになりました。

 

今回公開されたのはコンセプトアートと撮影風景、そしてキャスト・スタッフのインタビュー映像でした。

アクアマンが巨大カマキリや触手の怪物と戦うシーンや砂漠や海中都市を冒険することが、公開されたコンセプトアートから伺えます。

 

そして今作では、前回登場したブラックマンタがメインのヴィランとして再登場する。しかもコスチュームが結構変わり、原作オマージュな姿が確認できました。また、前作のメインヴィランだったオーシャン・マスターことオームも何らかの役割で登場するようなので非常に楽しみ。

ソーとロキのように、アーサーと兄弟でコンビを組んで共通の敵を倒す展開なんてなったらアツい!!

 

 

ピースメーカー (原題:Peace Maker)

www.youtube.com

ラストは便座頭こと、もっこり白ブリーフこと、変態な格好をしたクソ野郎ことピースメーカーのドラマ作品。

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(以降スースク)にて初登場し、良い意味でも悪い意味でも観客にインパクトを植えつけたアイツですよ。

今回の映像は、治療を受けていた病院の清掃員に「有名なヒーローのピースメーカーだ」と言って、「知らねぇよ」と言われるシーンからスタート。スースク本編で彼に与えられていたミッションに失敗したことからか、再度任務を与えられる模様。共に行動するヴィジランテ(原作では割と因縁の相手)と仲良く狙撃練習したりするシーンも見れました。

 

また、ターミネーター2』でT-1000(しつこい液体金属)を演じたロバート・パトリックが、原作でもピースメーカーの行動の根幹に大きな影響を与える彼の父親役として登場。

ただならぬ雰囲気を出していました。

 

その他にも今回対峙することになるジュードー・マスター(ジュードーの達人。柔道とイコールかは不明)の姿も確認できました。

原作は赤と黄の太陽みたいなコスチュームなんですが、今回の映像では全身緑の姿で、どことなくスースクに登場したTDK(字幕では“取り外しできる子”、吹替では“手で攻撃”)に似てます。ガン監督の好みかな笑

 

前作からの続投は、ピースメーカーと、スースクではオペレーション・ルームから指示を出していたアマンダ・ウォラーの部下のブランドのエミリア・ハーコートと大男のジョン・エコノモスが決まっています。もしかしたらスースクの生存メンバーなどの再登場があるかも…とのことなので、個人的にはT.D.Kウィーゼルの登場はありえるかも?と思ってます。刑務所でヤジ飛ばしてたその他スーパーヴィランでも良いですね笑

 

今回はDCEU関連の作品のみ感想書いてましたが、この他にもCWの人気ドラマ『フラッシュ』のシーズン8の映像やニューヒーロー "ブルービートル"のドラマのコンセプトアートが公開されたり、新作ゲームゴッサム・ナイツ』スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグの新映像も公開されてました。

あの4時間で凄いボリュームww

 

今後もあらゆるメディアで展開されるDC作品が非常に楽しみです!!

 

以上、駄話でした。